売上アップにつながる販促品とは

新しい商品や既存の商品の売上を上げたいと思ったら、商品に付加価値を足してより魅力的に見える商品として提供すると良いです。売上を上げようと思ったら、普通はチラシを使った宣伝やネットを利用した情報の発信を行います。これらは昔から行われている手法ですが、商品の紹介や価格などを前面に出し過ぎて消費者に敬遠されがちです。商品に付加価値を足す方法では、消費者が欲しくなるような販促品を開発して商品と抱き合わせて販売します。例えば、限定パッケージの商品に企業ロゴの入ったキーホルダーやタオルを抱き合わせる方法があります。この抱き合わせ方法は通常のパッケージと違って目立つこと、付属品が付くのでお得感を出すことができます。消費者は限定グッズやお得な商品を好むので効果的な方法だと言えます。

売上を上げる限定グッズの選び方

販促品の開発をする時は消費者が欲しくなるグッズを考えます。基本的に商品の購入者層を第一に考えて限定グッズの開発を行います。例えば、売りたい商品が若い男性向けの場合、若い男性が好む限定グッズを選べば購入者が増えると考えられます。この場合は、ターゲットを社会人と考えるならボールペンやメモ帳などは無難な選択だと言えます。他社の製品を利用している人にも自社製品を購入してもらう機会になるので、消費者が欲しがる限定グッズを調査するのは大事なことです。最近ではコラボ企画で市場を盛り上げる働きを見掛けることがあります。キャラクターと商品がコラボするという情報をネットに発信することで、多くの人から注目を集めることができます。注目されれば商品や会社の知名度が広まり、必然的に売上も伸びます。

限定グッズの配布で宣伝効果を上げる

販促品は商品と抱き合わせる以外にも、無料で配布する使い方があります。この場合は主に宣伝効果を目的として行われます。昔から良くある物だと、路上でチラシ入りのポケットティッシュを配る宣伝活動が有名です。他にも年明けにカレンダーやメモ帳を配布する会社などは良く見掛けます。セールやイベントなどの催し物の際に、記念品として限定グッズを配布する会社も多いです。無料で配布することで会社や商品の知名度を広げることができます。配布物で選ばれやすいのは、安価で大量生産できる紙媒体のグッズです。お祭りの時期になると飲料水メーカーがうちわを無料で配布することがあります。うちわは裏表があり、限られた面積の中で商品の宣伝活動ができます。商品の売上を上げるには、こうした地道な宣伝活動も必要になります。